お金借りる学生

大学生がお金を借りる方法

学生の方は、初めてお金を借りるという方がほとんどだと思います。お金を借りることは最初は不安だと思いますが、プロミスとアコムは大手の銀行グループに属しているから安心です。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら

ただしお金を借りるには、2つの条件を満たしている必要があります。
  • ①20歳以上の方
  • ②定期収入がある方(※)
  • (※)アルバイトでも定期収入となります
以上の条件を満たしていて、すぐにお金が必要な方は、こちらを参照してください。

今すぐ借りるならカードローン!

  • 「今月遊び過ぎて家賃が払えない!」
  • 「どうしても取りたい資格があるけどお金が…」
こういう場面は誰にでもあり得ることです。こんな時、例えば友達にお金を借りるなどはしないようにしましょう。あなたの信用を失うことになりかねません。どうしてもお金が必要な時は、こちらで紹介しているカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

お金を借りたい学生のためのオススメカードローンランキング

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

オリックス銀行カードローン

◎オリックス銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
運営会社 オリックス銀行株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

お金を借りるには審査が必要!審査を通すために必要なポイント

学生がお金を借りるためにはいくつか覚えておくべきことがあります。
お金を借りるためには、まずは審査をする必要があります。審査は高額融資でない限りの厳しいものではありませんので、しっかりと覚えましょう。

①20歳以上であること

未成年の方は残念ながら一人ではカードローンに申し込むことはできません。未成年の方がお金を借りたい場合には、18歳以上から申し込める学生ローンか、カードローンであれば親権者の同意が必要となります。

②アルバイト等の定期収入があること

お金を借りる時に特に重要になってくるのが、「定期的な収入があるか=お金を借りてもきちんと返す根拠があるか」という事です。
お金を貸す側の立場になってみれば、収入があると見込める人でないとお金を貸すことは難しいですよね。
ちなみに収入の多い少ないは関係ありません。
できれば、半年以上続いているバイトが望ましいですが、そうでない場合は、1ヶ月分の給料に12をかけた額を年収として申請しましょう。

③バイト先の正式な会社名を調べておきましょう。

お店の名前などではなく、○○株式会社などの正式名称です。会社のホームページから会社概要などを見て住所などを調べておきましょう。

④保険証区分を確認しておきましょう

20歳以上の方であればまず国民健康保険だと思います。
もし、あなたが「遠隔地被保険者証」、「国民健康保険学生用保険」、「マル学・マル学保険証」等の保険証を持っていたら、それらも「国民健康保険」扱いですので「国民健康保険」を選んでおきましょう。

⑤借入希望額は最小限にしましょう

いきなり50万円など高額の融資を受けることはできません。
まずはカードの発行を優先して、借入額は10万円程度にとどめておきましょう。

⑥審査項目は正直に書きましょう

収入や他社借入額などは正直に記入しましょう。あなたの借入情報は各金融機関で共有されていますので、嘘を書いても後でばれてしまいます。

金利(利息)は必ず発生します!しっかりと借入・返済シミュレーションを行いましょう

お金を借りた時、返済額には必ず金利(利息)が乗ってきます。
金利の設定は会社によりますが、おおよそ1.7%~18.0%まで幅があります。

融資が大きいほど金利は低くなる傾向ですので、学生がお金を借りるときは金利は大きく設定されています。大抵の場合、学生が最初にお金を借りる時には最大の金利が適用されると考えてください。

中でも、プロミスとアコムは、初めて方のために30日間の無利息サービスを行っています。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら

お金を借りたらきちんと返済をしましょう。そうすることであなたの信用が上がり、借入限度額の枠が広がります。限度額の枠に応じて金利も変わっていきます。

金利が乗ってくる、必ず返済しなければならない…ではあなたにとって無理の無い借入額や返済額はいくらなのでしょうか?
大手のカードローンの会社のホームページには、借入希望額や毎月の返済額を入れると、返済期間や金利による負担額が分かる返済シミュレーションができます。

いくら借りてどれぐらいの金額・期間で返済するのか、その際の金利の負担額が分かるので、必ずしっかりとシミュレーションしてからお金を借りるようにしましょう。

では、次にお金を借りる学生にとってよくある疑問を挙げてみましたので、参考にしてみてください。

お金を借りる時に親や知人にばれたりしないの?

お金を借りてるって親や知人に知られるのってやっぱり恥ずかしいものですよね。
ですが、基本的にお金を貸す側は第三者に情報を漏らしてはならないという決まりがありますので、借りた会社からばれるという事はありません。
また、今はスマホが普及していますので、スマホ経由で申し込みができるサービスも出てきています。 連絡先の電話番号やメールアドレスを自分のものにしておけば、万が一確認の電話があった場合も家に連絡が入る事はありません。

お金を借りて万が一返せなくなってしまったら?

なんらかの事情でアルバイトを辞めざるを得なくなったりして返済できる見込みが無くなってしまった!
そんな場合、最もやってはいけないことは返済を止めてしまう、踏み倒そうとしてしまう事です。そうなるとあなたの信用は下がってしまいますし、親にも連絡が入る可能性があります。

返せないと分かったら、すぐに電話連絡をしましょう。理由をお話しすれば相談に乗ってもらえます。

就活や内定に影響する?

お金を借りることで就職活動や内定に影響する事はありません。
ですが、お金を借りた後に返済が滞ってしまうと、就職した会社に連絡が入ったり、最悪の場合給与差し押さえなどの法的手続きを取られてしまいます。


そうなると周囲に大々的にばれてしまうので、とても後ろめたい気持ちになってしまいますよね。そうならないためにも、事前にしっかりとシミュレーションをして、無理の無い借入額や返済額で利用するようにしましょう。

親が子供の代わりに返済することはできる?

法律上、親が子供が借りたお金を代わりに返済する義務はありません。
しかし、親の申し出により返済を代わる事もあり得ます。

親が子供の借金を代わりに返済する際、利用者=子供の同意を得る必要があります。

例外として、子供が入院していたり意識が無い場合や、長期延滞を起こしている場合、本人の返済能力が無いとみなされ、子供の同意が無くても返済を代わることができます。

大学生でも借りれるカードローン>>